月の流れ沿い。 感謝

皆さんもご存知の「竹取物語」。
-(映画でもSFXで再現されておりますが)
子供を失った初老の夫婦がある日、
竹やぶの中で光る筒に包まれた赤ん坊を見つける
その子供は美しい娘へと成長し、かぐや姫と
呼ばれるようになる。
だが、かぐや姫はやがて
月へ帰らなくてはならない宿命をもっていた。
そしてある満月の夜、月からの使者がやってきた・・・。

”竹”と”月”との関係は、
日本の文化・風土に溶け込んで、私たちの
生活と切っても切れないものがあります。

皆さんもご存知かもしれませんが、例えば、
月の引力と潮の満ち引きとの関係。
また、人の生死も(統計的に)
人は満潮時に誕生し、干潮時に死んでいくことが
多いとされています。
女性の月経の周期も、月の公転周期
(月が地球を一周する期間とほぼ等しい)と、
合致していること。満月に日に出産が多いことも
単なる偶然ではありません。
また、竹を切る時期については、満月の日を避け、
新月の日に切ること。そうした竹は
寿命が長いと言われています。

そして、今日改めて竹炭と月との関係性に
注目したところ、面白い特性に気づいてきました。
自然の統計学(風水及び形態波動のリズム)や、
人間の持つ潜在能力を活用しながら、
健康で幸せな暮らしのサポートを提案して参ります。



ご存知ですか?”月の力”
月の周期は、新月→上弦→満月→下弦 
を繰り返しています。

 新月 ・・・ 身体の「浄化」「解毒」作用。物事を
 起こす(始める)時に適しています。
 上弦 ・・・満ちていく月。身体の「摂取」「補給
 」作用(エネルギーを吸収、蓄える)のほか、「保護」 
  「休養」作用を促します
 満月 ・・・身体の「活動」作用。あらゆるものを吸収します
 下弦 ・・・欠けていく月。身体の「発散」作用を促します。

そこで、上記のような“月の力”を最大限に引き出した製造方法
(国産の竹を特殊な釜の中で火の温度が一定していると
言われる満月の日と新月の日に焼いた)によって焼き上げた
竹炭を、「月華波動竹炭」と言います。

皆さんお時間ありましたら見て下さいね。 感謝
月華波動竹炭で大開運

創業288年 古橋竹材店
by moom000 | 2006-11-04 01:28 | 竹炭で運気アップ
<< 竹炭を使った散骨方法 仏様から見た散骨は・・・・。 >>